文芸社で自費出版!資料請求の仕方_bkup20200918

文芸社

 

公式ページへ

 

 

本を出版したいけれどどうすればいいのかわからない方へ

 

今はネットで簡単に調べることができます。たとえば、

 

  • 本を出版するまでの流れ
  • かかる費用
  • 出版するためにやるべきことなど

 

ただ、それが本当に信じられるのかどうか?自分に合った方法なのか?はわかりませんよね。

 

本当は本を出版したことがない人が書いている記事かもしれませんし、実際に出版していた人でも、そのとき、その人だからできた方法かもしれません。

 

ネットの情報は無料で入手できますが、信頼できるかどうか、また自分に合っているかどうかは別物ということですね。

 

では、どうすればいいのでしょう?

 

おすすめは、最新の情報を信頼できる場所から入手することです。

 

そして、今なら無料で手に入ります。

 

文芸社なら無料でパンフレットを送付してくれます

 

自費出版できる出版社は数多くありますが、おすすめは文芸社。

 

文芸社

 

 

理由として、

 

  • 自費出版の中でも数多くのベストセラーを生み出している
  • 全国に450店の書店とネットワークを構築。確実に書店流通させることができる
  • 毎週、全国各地で参加無料の個別相談会、本づくりセミナーを開催しており、手厚いサポートも行っているため情報が新鮮

 

繰り返しになりますが、資料請求は無料です。

 

どうせ無料で情報を得るなら、不確かなネットよりも情報が正確な出版社のほうがいいですよね。

 

時間の無駄になりませんし、なにより不正確な情報に振り回されることがなくなります

 

資料請求は簡単90秒ほどで終了ですし、電話によるしつこい勧誘などもありませんから安心です。

 

では、ここからは資料請求の方法についてお話ししていきますね。

 

資料請求の方法について

 

まずは、コチラから公式ページに飛びます。

 

「今すぐ資料請求」のボタンを押すと入力画面に遷移します。

 

文芸社

 

 

資料請求フォームに移りますので、「必須」の13項目を記入します。

 

文芸社

 

 

全て埋め終わると、最下部に「送信内容を確認」ボタンが出てきますので押します。

 

文芸社

 

 

「以下の内容で送信してよろしいですか?」と表示されますので「送信する」をクリック。

 

文芸社

 

文芸社

 

 

簡単ですね。本当に90秒ほどで終わります。

 

途中で「やっぱりやめた!」となった場合も、しつこい電話などありませんので、まずはお気軽に資料請求をしましょう。


 

公式ページへ

 

資料請求後の流れ

 

では、簡単に資料請求後の流れについて見ておきましょう。

 

文芸社
文芸社

 

 

 

原稿がない状態のアイディアベースからも相談に乗ってもらえるため、「なんとなく方向性は決まっているけれどぼんやりしている」という方も安心です。


 

全ての始まりは資料請求から。

 

ご自身の夢に向けて一歩踏み出してみませんか?

 

公式ページへ

 

 

絞り込み検索リセット